中古携帯電話(白ロム・灰ロム・黒ロム)について - 機種変更でいらなくなった携帯電話(白ロム)を売って新機種携帯を買おう - 携帯電話最新情報

白ロム携帯とは?いらなくなった携帯電話を売ってお小遣いを稼ごう

HOME > コラム > 通信費節約 > 白ロム

 

白ロムを売って新機種携帯を買おう

白ロムとは?

白ロムとは電話番号が登録されていない携帯電話のことで、端末の番号表示は1234567と表示されています。 簡単に言うと、中古の携帯電話のことです。例えば皆さんが機種変更をした場合、昔使っていた携帯電話は番号を抜かれて使用できない状態になっていると思います。これが白ロムです。最近では機種変更の際にケータイショップに回収されてしまう場合が多いようです。白ロムを各携帯電話ショップに持ち込めば、事務手数料だけで新規契約や機種変更ができます。

白ロムのいいところ

例えば、10ヶ月未満での水没、故障、紛失してしまった場合などの機種変更は定価販売になり値段がとても高くなっています。この場合、白ロムを入手してケータイショップに持ち込み、機種変更をすれば事務手数料だけ(約2,000円ほど)で安く済みます。

次に、最新の携帯電話に機種変更したい場合、白ロムをオークションサイトで探せば割安でてに入れられる場合もあります。この場合、中古と言っても新古品がほとんどだと思われますので安く最新機種を手に入れたい方にはお得です。

また、販売が終了してしまったレアな携帯電話も出回っています。どうしても欲しい携帯電話があれば白ロムを探してみてください。

白ロムを買う

オークションサイトや携帯電話ネット販売ショップにて取り扱っています。主なオークションサイトはYahoo!オークション楽天フリマ携帯電話などです。左の検索ボックスに探している機種名を入れてみて下さい。 白ロムを販売している主なネットショップは楽天市場DNGデジタルネットなどです。

白ロムとして売る

機種変更などでいらなくなった中古携帯電話を白ロムとしてYahoo!オークション楽天フリマ(楽天フリマにてはじめて出品する方は、出品手数料が30日間無料です)に売り出せばちょっとしたお小遣いになります。特にレアな携帯電話は高額で取引されているようです。眠っている携帯電話を売り出してみては?

主なリンク

■中古携帯電話(白ロム)をオークションで売る ■中古携帯電話(白ロム)をオークションで買う ■中古携帯電話(白ロム)を業者に売る ■ネット取引決済に便利なインターネット銀行

注意点

  • 灰ロムに注意−灰ロムとは解約しているが端末側に電話番号が残っている端末のこと。つまり料金未払いで使用を止められた携帯電話、場合によっては滞納料金を肩代わりしなければならない可能性も。
  • オークションサイトで購入する場合は取引のトラブルに注意。取引相手の過去の評価や記録を見て相手を選びましょう。オークションについては[ネットオークション]All About Japanを参考に。

サイト内検索

Google
Google サイト内