2009年01月09日

●12月の携帯・PHS契約数、2008年の年間純増数など明らかに

ITmediaより

電気通信事業者協会が2008年12月末の携帯・PHS契約数を発表。12月は冬商戦と新機種効果でいずれのキャリアも純増を記録し、累計契約数が1億1000万件を超えた。 NTTドコモは番号ポータビリティ開始以来、初の転入超過。純増トップは20カ月連続でソフトバンクモバイル。

■関連リンク

« 1つ前のニュース: 12月の携帯・PHS契約数、2008年の年間純増数など明らかに
» 1つ次のニュース: ケータイ大量盗難の流出先? 日本製最新機種の人気ぶり、中国の実態 (1-2)

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件