2007年01月17日

●ワンプッシュオープンと“ヒカリ”が魅せる。パナモバ初のWIN端末──「W51P」

sa_aup01

si_w51p-02

 ITmediaより

2002年以来となるパナソニック モバイル製のau端末が「W51P」だ。アンシンメトリイなパネルデザインに、ソフトイルミネーションによる“ヒカリ”の演出を施している。もちろん、 「ワンプッシュオープン機構」など同社らしいテイストを盛り込んだ。

2枚目の写真にノックアウトです・・・・。かわいすぎます。W51Sの所にも書いたけど、モテる携帯ですよこれは!普通の携帯で話してる姿と、この携帯で話してる姿だったら、 こっちの携帯で話してる姿の方が絶対かわいく見える気がするっ!そしてかわいくなれる気がするっ!!!なんだかんだ機能で機種を選んでいる私ですが、これだけかわいいなら、機能なんてどうでもよくなってきました。

■関連リンク

« 1つ前のニュース: au、ワイドVGA液晶搭載でBluetoothに対応した「W52T」
» 1つ次のニュース: au、2.9インチワイドVGAの大画面、指紋センサーで画面操作も──「W51H」

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/1049

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)