2007年01月17日

●1Gバイトのメモリを内蔵したスライド型ワンセグ端末──「W51SA」

sa_sa01jpg

ITmediaより

「W51SA」は、三洋電機製端末としては「W31SA」以来となるスライド型ボディを採用したワンセグ端末だ。1Gバイトの内蔵メモリを搭載する。

私、この形好きなんですよね。せっかく待ちうけ画面を設定しても、折りたたみだと見えないので・・・・。

■関連リンク

« 1つ前のニュース: “BRAVIAケータイ”登場──ソニエリのワンセグケータイ
» 1つ次のニュース: au、ワンセグ・デジタルラジオ対応、324万画素カメラ搭載の「W51T」

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/1044

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)