2006年12月15日

●au、『W44S』のデジタルラジオ機能で誤課金が発生

w44s_01s

ケータイWatchより

 KDDIは、8日に発売したソニー・エリクソン製のWIN端末「W44S」について、アプリの不具合により、一部のパケット通信がパケット通信料定額制サービスの対象外として計算される事象を明らかにした。 対象となっている「W44S」は約37,900台。2007年1月下旬に「ケータイアップデート」によるソフトウェアの更新を予定してい

■関連リンク

« 1つ前のニュース: ドコモ,SH903iに不具合、ソフト更新サービス開始
» 1つ次のニュース: au,「W42SA」に不具合、ソフト更新で対応

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/969

トラックバック

» 2 ドコモ・au・ソフトバンク携帯端末の特徴について from ケータイ電話の番号ナンバーポータビリティ制度の基礎知識
昨年からNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルの各キャリアで、ナンバーポータ... [Read More]

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)