2006年11月24日

●ドコモ、海外キャリアの認証ミスで誤課金発生

ケータイWatchより

NTTドコモは23日、「クローン携帯初確認」とする一部報道を受け、国際ローミング先の海外キャリアで誤った認証手段が用いられていたために国内FOMAユーザーに誤課金していたことを明らかにした。 クローン携帯そのものについては「製造できない」という認識は変更していない。

■関連リンク

« 1つ前のニュース: au、WIN最薄の「W44K」、新規は1万円台後半から
» 1つ次のニュース: ドコモ、「キッズケータイ SA800i」の新色を12月1日発売

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/888

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)