2006年11月21日

●ソフトバンク、“スリム、ワンセグ=ソフトバンク”を目指す

sa_sb01    sa_sb04

ITmediaより

ソフトバンクモバイルが、年内に投入するとしていた“隠し玉”の2機種を披露。AQUOS携帯「911SH」と11.9ミリの薄型端末「XS 707SC」の投入で、“スリム、ワンセグ=ソフトバンク”を目指す。

ワンセグ携帯に関しては、とりあえずもうちょっと視聴時間が長くならないと・・・・と思います。5時間見れるということですが、見てる間は電池が減っているわけで、結果電話が使えなくなるのはちょっと・・・・ なのでもう少し視聴時間が延びてくるといいです。とはいえ、前よりもゴツさがなくなったり、ディスプレイサイズが大きくなったりと、今後も期待大です。

■関連リンク

« 1つ前のニュース: ドコモ、「M702iS」キャンペーンの先行登録開始
» 1つ次のニュース: ドコモ、「P902i」ソフト更新を開始

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/870

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)