2006年09月28日

●“切り取り”を行うとリセット─「W43S」に不具合、ソフト更新を実施

hi_so01

ITmediaより

KDDIは9月28日、ソニー・エリクソン・モバイル製「W43S」に不具合が発生することが確認されたと告知。事象改善済みソフトウェアの提供を開始した。 不具合内容は大きく2種類。
 1つ目はW43S以外のメモリースティック Duo対応機種(W21S、W31S、W32S、W41S、W42S)で受信したEメールをメモリースティック Duoに保存し、W43Sでメモリースティック Duo内のEメール受信ボックスにアクセスした場合の事象。
 2つ目はメールやメモ帳などの操作時に編集中の文字列のコピーや切り取りを行った場合の事象。
同社は事象改善済みソフトウェアを本日28日より提供。本体機能の「ケータイアップデート」より行う。更新にかかる情報料、通信料は無料。所要時間は最大15分程度。

■関連リンク

« 1つ前のニュース: Nokia、新たな音楽ケータイを発表
» 1つ次のニュース: 来年3月までに20機種以上の新モデルを出す──ドコモの中村社長

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/585

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)