2006年09月28日

●au用Windows Live for Mobile、本日より提供開始

si_winlive-01

ITmediaより

マイクロソフトは9月28日、携帯向けWindows Liveサービスを正式に開始。auのBREW対応携帯向けとなるWindows Live for Mobileを同日よりau携帯電話向け公式サイトで提供を開始した。ソフト使用料は無料。Windows Live for Mobileは、携帯向けとしてWindows Live メッセンジャーおよびWindows Liveメールの機能を備えるコミュニケーションツール。リアルタイムチャット、複数の会話ウインドウ表示による同時チャット機能、最大15人での同時チャット機能、 Windows Liveメールの確認・送受信機能などを備え、PC版メッセンジャーの絵文字送受信も可能としている。対応機種はW21K、W21SA、W22H、W21T、PENCK、W32SA、W32k、 W32S、W21CA II、W31T、W31CA、W32H、W31K II、W32S、W32T、W41S、W41CA、W41T、W41H、neon、W43T、W42S、W42CA、W42H (同社サイトより。2006年9月末現在)

■関連リンク

« 1つ前のニュース: ボーダフォン版「jigブラウザ」が年額支払い可能に
» 1つ次のニュース: Nokia、新たな音楽ケータイを発表

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/583

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)