2006年09月27日

●KDDIと日立、法人向けに携帯電話用の無線ICタグリーダー

mcr001s

ケータイWatchより

KDDIと日立製作所は、携帯電話に装着して使う無線ICタグ(RFID)リーダーを共同開発し、10月2日から販売すると発表した。今回発表されたのは、折りたたみ型携帯電話の電池パック側に装着して利用する 「携帯電話用ミューチップリーダー」。読み取れるのは日立が提供する無線ICタグ「ミューチップ」で、周波数帯は2.45GHz帯を利用する。 リーダー本体と携帯電話は有線ではなくBluetoothによる無線接続を行ない、リーダー本体には単4型電池が搭載される。これにより携帯電話に装着していない状態でもリーダー機能を利用可能。 携帯電話に装着するアタッチメント部分は交換可能で、さまざまな機種に対応できる仕様になっている。

■関連リンク

« 1つ前のニュース: 世界100カ国でGPSナビが使えるHSDPA端末――Nokia「N95」
» 1つ次のニュース: ボーダフォン版「jigブラウザ」が年額支払い可能に

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/581

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)