2006年09月27日

●世界100カ国でGPSナビが使えるHSDPA端末――Nokia「N95」

ay_n95_01

 ITmediaより

Nokiaは9月26日、マルチメディア機能にフォーカスした端末「Nseries」の最新モデル「N95」を、フィリピン・マニラで開催中のイベント「Open Studio: Explore Your Passions and Music Connects」で発表した。2007年第1四半期に出荷を開始する見込み。N95のボディは、上下2方向にスライドできる2ウェイスライドスタイルになっている。 同社初のHSDPA携帯で、通信速度は最大3.6Mbps(下り)/384kbps(上り)。無線LAN機能、Bluetoothも内蔵している。もう1つの大きな特徴が、GPS機能を内蔵しており、 100カ国以上の地図や、1500万カ所以上の場所の情報を利用できることだ。自分のいる位置を検索したり、「半径xxメートル以内にある店舗」といった形で情報を検索したりできるほか、 有料で目的地までの音声ナビ機能や、ガイドブック的な情報も利用できる。マルチメディア機能も満載だ。カールツァイスのレンズを採用し、AF機能付きの500万画素カメラ、動画撮影機能、MP3/AAC/M4A/ WMA/eAAC+が再生可能な音楽プレイヤー機能などを備えている。

■関連リンク

« 1つ前のニュース: Nokia、マルチメディア対応端末2機種を投入
» 1つ次のニュース: KDDIと日立、法人向けに携帯電話用の無線ICタグリーダー

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/580

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)