2006年09月26日

●富士写、「Keitai Picture FLASH 生成機能」に新機能を追加

ITmediaより

富士写真フイルムは9月26日、ドコモ、au、ボーダフォンの携帯電話向けに静止画を合成し、Flashコンテンツを作成して配信するサービス「Keitai Picture FLASH 生成機能」に、 3つの新機能を追加した。1つは複数画像への対応機能だ。従来は、ユーザーが表示したい複数の画像を、テンプレートに合わせて1つの画像に合成しておく必要があったが、新バージョンでは必要な点数の写真 (JPEG、GIF、PNG、BMP)をそろえるだけで自動的に表示画像を切り替えるテンプレートなどが利用可能になった。コンテンツプロバイダ(CP)が画像を加工する手間を軽減している。 もう1つはリンク情報の埋め込み機能。例えば4つの画像を表示するテンプレートを利用していた場合、4つの画像のうちどの画像をクリックしたかをパラメータでサーバ側に返せる。このため、 ユーザーがクリックした画像に合わせたリンク先ページが用意できる。

■関連リンク

« 1つ前のニュース: モンタビスタ、新たな市場に、実績のあるモバイル機器向けLinuxソリューションの最新版をリリース
» 1つ次のニュース: コンサートのチケットを携帯で買える──KDDIの「au Tickets」

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/569

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)