2006年09月26日

●モンタビスタ、新たな市場に、実績のあるモバイル機器向けLinuxソリューションの最新版をリリース

報道関係各位
平成18年9月26日
          モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社

==============================================
  モンタビスタ、新たな市場に、実績のあるモバイル機器向け
      Linuxソリューションの最新版をリリース

     ~Mobilinux4.1、フットプリントを大幅に縮小~
==============================================

2006年9月25日(現地時間)米カリフォルニア州サンタクララ発-
テレコム、モバイルおよび組込み市場向け組込みLinuxのリーディング
プロバイダであるMontaVista Software Inc.(以下、モンタビスタ)は、本日、
モバイルおよびワイヤレス機器開発における主要分野に対応する製品、
Mobilinuxの最新版を発表しました。Mobilinuxには、フットプリントを縮小し
RAMやフラッシュを節約するツールが備わっています。Mobilinux4.1では、
uClibc、squashfs、DirectFBなどのテクノロジとメモリ分析にフォーカスした
開発ツールを取り入れ、総メモリ フットプリントの大幅縮小を可能にします。

「携帯端末メーカーが競争力で優位性を保つには、コストと市場投入時間
(Time-to-market)の効率化と製品の差別化が必要です。世界的に、機器
メーカーはLinuxを自社の次世代設計のためのプラットフォームとして採用
しようと考えています。」とYankee Groupのシニア アナリスト、
John Jackson氏は述べています。「Linuxをモバイル端末市場に適応させる
モンタビスタの業績は、多くのトップ機器メーカーのプラットフォーム移行の
動きを促進しました。MontaVista Linuxは、現在、2千万台の携帯電話に搭載
されています。これらの多くは、ヨーロッパや北米の市場で始まり、アジアで
非常に拡大しています。」

ソフトウェアの複雑さが増大するにつれ、機器メーカーにとって、音声中心の
デバイスからより多くのマルチメディアの集約したクライアントへの移行を
容易にする、より堅牢なソフトウェア プラットフォームが必須となります。
Mobilinux4.1は、差別化とコスト効率に優れた携帯電話の設計を可能にする、
きわめてスケーラブルで先進のオペレーティング システムを提供し、
それにより、電話会社は、ネットワークから端末までを網羅する単一の
プラットフォームを活用することができます。

「非常に分散した市場の要求を考えると、共通のプラットフォームに対する
小さな修正や拡張により、様々な顧客に対応することで、今日、携帯端末
メーカーが直面している多くの難問を削減することができます。」とGartnerの
プリンシパル リサーチ アナリスト、Hugues De La Vergne氏は述べています。
「Linuxは、機器メーカーが、ビジネスを成長させ続けるために必要と考える
コントロール力を実現しようとする際に、直接影響を及ぼす諸問題に対応
できる1つの潜在的ソリューションです。」

Mobilinuxは、ワイヤレス携帯端末とモバイル機器用に最適化されたLinux OS
と開発環境です。
Mobilinuxはその設計において、以下の要件に重点的に対応しています。

■オープンな業界標準テクノロジにより、端末メーカーと携帯電話会社の
 仕様に対応すること
■プラットフォームの安定性、スケーラビリティを保証すること
■電源性能とサイズ パフォーマンスの最大化

Mobilinuxの特長
●フットプリントの改良
 ・uClibc-フル機能のC/C++アプリケーション作成
 ・DirectFB-堅牢なグラフィックス サポートを備えたより多くのモバイル
  アプリケーションの構築
 ・Squashfs-永続的なデータ保存のためファイルシステム容量の向上
 ・安定性、信頼性の向上
 ・フットプリントの改良vs従来のX Windowsアプリケーション

●先進のリアルタイム サポート
 ・マス マーケット向けシングル チップ携帯電話のための設計要求に対応

●電源管理機能の強化
 ・DPM(Dynamic Power Management)機能による電源性能の向上。
 ・MontaVista Power Manager機能
 ・プラットフォームに依存しないDPMライブラリ
 ・VST(Variable Scheduling Timeouts)
 ・MTA(Memory-type based allocation)


【モンタビスタソフトウエアについて】
モンタビスタは、オープン ソース プラットフォームの提供を通じて、
システム設計者による多岐にわたるネットワーク対応のインテリジェント機器、
通信用インフラストラクチャの革新を可能にします。商用レベルのLinux
ベース オペレーティング システムをソフトウェア開発者に提供します。
MontaVista Linuxは、ユニバーサルな開発プラットフォームで、お客様の製品
の差別化を可能にし、より低い総開発コストで、より早い製品化を実現します。
MontaVista Linuxは、世界的な大企業により採用されています。
リアルタイム オペレーティング システムの先駆者ジェームス・レディ
(James Ready)により1999年に設立され、米カリフォルニア州サンタクララに
本社を置きます。モンタビスタは、主要投資企業や戦略的な投資家より出資を
受けた株式非公開企業です。
詳しくは、 http://www.mvista.com/ をご覧ください。

モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社は、MontaVista Software Inc.
の100%日本法人として2000年7月に設立され、日本市場に対して組込みLinux、
およびそれに関わるあらゆるサービスを提供しています。
詳しくは、 http://www.montavista.co.jp/ をご覧ください。

LinuxはLinus Torvaldsの登録商標です。
MontaVistaは、MontaVista Software Inc.の登録商標です。
その他のすべての名称は、各社の商標、登録商標、またはサービス マークです。


【問い合わせ先】
モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社
E-mail: info@montavista.co.jp
TEL:03-5469-8840 FAX:03-5469-8801

« 1つ前のニュース: “通信対戦”で、楽しさならメガゲームにも負けない──KDDIブース
» 1つ次のニュース: 富士写、「Keitai Picture FLASH 生成機能」に新機能を追加

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/568

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)