2006年09月25日

●“通信対戦”で、楽しさならメガゲームにも負けない──KDDIブース

si_tgs-k-01

ITmediaより

東京ゲームショウ2006 KDDIブースは、au携帯向けのEZアプリ(BREW)各種と、プレイステーション2向けの通信サービス「マルチマッチングBB」(MMBB)などを展示する。EZアプリの目玉は、 最大24人での通信対戦を可能とする「対戦☆ボンバーマン24」(ハドソン)。品川庄司やレギュラーなど吉本芸人らが、会場と離れた他所でオンライン対戦を行う催しも行われた。 携帯でネットワーク対戦が行えるボンバーマンアプリは2年前、「WPC EXPO 2004」で展示されたが、この“24”ではマップも拡大され、かつ最大24人で対戦できるよう進化した。 コンテンツプロバイダ側が用意したサーバで、各ユーザーの動き・操作のデータを同期させる仕組みとなっている。

■関連リンク

« 1つ前のニュース: 903i発売前に「メガゲーム」を体験─ドコモブース
» 1つ次のニュース: モンタビスタ、新たな市場に、実績のあるモバイル機器向けLinuxソリューションの最新版をリリース

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/567

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)