2006年09月20日

●KDDI、G'zOne W42CAベースのビジネスケータイ「E03CA」を発表

os_e03ca

 ITmediaより

KDDIは9月20日、IPX7相当(水深1メートルの水槽に約30分間沈めておいても問題なく動作するレベル)の防水ボディに1200mAhの大容量バッテリー、それにBluetoothを搭載し、 高度なセキュリティ機能を採用したカシオ計算機製のビジネスケータイ「E03CA」を発表した。発売は12月からの予定だ。E03CAは、京セラ製の大容量バッテリー搭載1X端末「B01K」 や三洋電機製の無線LAN搭載WIN端末「E02SA」(3月6日の記事参照)に続くauブランドのビジネスケータイの第3弾。auの夏モデルとして登場した、IPX7相当防水機能を備えたタフネスケータイ 「G'zOne W42CA」をベースに、バッテリーパックを大容量化し、ビジネスユースに合わせて高度なセキュリティ機能を搭載した。

■関連リンク

« 1つ前のニュース: 最大20人で使える「Business Messenger」を発表――KDDI
» 1つ次のニュース: auの「DUOBLOG」、1週間利用できず

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/548

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)