2006年09月19日

●ワンセグ対応「W43H」とスタンダードな「W43CA」、9月21日から発売

43h01s

ITmediaより

 KDDIは9月21日から、日立製作所製のワンセグ対応端末「W43H」と、カシオ計算機製のスタンダードな端末「W43CA」を全国で一斉に発売する。W43Hは、外部メモリへの番組録画に対応し、 最長約4時間15分の連続視聴が可能なワンセグ端末だ。2006年2月11日から販売が始まった春モデル「W41H」の後継モデルで、音声付き時短再生機能やタイムシフト機能などを継承している。 また2色成型で独特な質感表現を行った外装も特徴で、見る角度により色が紫から金に変化するミスティックバイオレット、すりガラスのような乳白色のメローホワイト、 透明感の高いセンシアルブルーという3色を用意する。

■関連リンク

« 1つ前のニュース: 「W43H」「W43CA」がモバイルSuicaに対応
» 1つ次のニュース: 台風13号被害地域向けに災害用伝言板サービス

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/541

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)