2006年09月11日

●ドコモ、RFIDを利用した行動推定・情報配信システムを開発

ケータイWatchより

NTTドコモは、携帯電話とRFIDタグを利用してユーザーの行動を把握し、行動推定プログラムに基づき情報配信を行なうシステムを開発した。今回開発されたシステムでは、店舗などに設置されたRFIDタグと、 RFIDリーダー機能を搭載した携帯電話を使用する。携帯電話にはシステム側にRFIDタグの情報を送信するiアプリが搭載され、訪れた店や場所などの情報をシステム側に送信する。システム側では 「行動推定プログラム」によりユーザーの現在の行動を推定した情報を配信する。

■関連リンク

« 1つ前のニュース: イーバンク、ウィルコム向けモバイルバンキング
» 1つ次のニュース: ものまねペアキューピーマスコットキーチェーン(東洋の魔女No.1)

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/511

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)