2006年09月08日

●KDDI研究所のXML圧縮技術、EZニュースフラッシュで採用

ケータイWatchより

 KDDI研究所は、XMLデータを高圧縮率で、携帯電話上でも高速デコードできるエンコード方式「XEUS」を開発したと発表した。KDDIが秋冬モデルの端末向けに提供する新サービス 「EZニュースフラッシュ」で利用される。今回開発された技術を用いることで、RSSなどのXMLデータを高い圧縮率でエンコードできる。圧縮率はコンテンツの内容に依存するが、 平均しておよそ1/10程度にデータ量を圧縮できるという。

■関連リンク

« 1つ前のニュース: Pantech製の簡単ケータイ「A1406PT」、価格は5000円前後
» 1つ次のニュース: アイフリーク、au「デコレーションメール」向けサイトをオープン

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/497

コメントする

(初めてのコメント投稿はブログオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されません。)