2005年09月26日

●KDDI、改良された燃料電池携帯を試作

ITmedia +D モバイルより
KDDIは、燃料電池を内蔵した携帯電話を試作開発したと発表した。「A5509T」と「W32H」をベースにした2種類を開発している。 同社は2004年7月から、東芝や日立製作所と燃料電池携帯を共同開発してきた。今年度末までにユーザーの利用シーンを想定した試作機の評価や性能の拡充を進め、実用化を目指す。
■関連リンク

« 1つ前のニュース: jigブラウザ、月額利用料が値下げ
» 1つ次のニュース: auもPTT導入か~一部報道で

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/443

トラックバック

» KDDIの燃料電池試作機 from xooxoo
携帯の命の1つが電池。その電池自体は改良に改良が加えられ延びて来てはいるものの、携帯そのものの機能強化や速度の向上によって、以前より持ち... [Read More]