2005年04月14日

●ドコモ、FOMAのiモード通信で一部課金データを消失

ケータイwatchより
NTTドコモは、関東甲信越エリアにおけるFOMAのiモード通信で、交換機の設定ミスによりパケット通信量のカウントが行なえない状況が発生していたため、一部の課金データを消失したと発表した。ユーザーに対しては、正常にカウントされた課金データでのみ料金を請求し、消失した分については請求しない。
■関連リンク

« 1つ前のニュース: au、2次元コードリーダーをバージョンアップ
» 1つ次のニュース: ドコモ、FOMAユーザー向けネット接続サービス「mopera U」

最新ニュース20件


関連するカテゴリの最新記事 40件

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://keitainfo.com/blog/mt/mt-tb.cgi/190

トラックバック

» ドコモ、課金データ消失~推定10億円強の損失 from 恒星日誌
NTTドコモは1月13日から3月15日の期間中、パケット通信の課金データの一部が... [Read More]